わきが改善高等学校

わきが食事

汗をかくと気になるワキガのにおいは、体質の遺伝が大きいと言われておりワキガのにおいの元になる汗腺の量が遺伝するといわれています。

そして、そこにプラスして脂質の多い食事やストレス、運動不足で肥満気味、わき毛の手入れをしないなどがにおいの程度に影響してくるようです。

ワキにはアポクリン腺とエクリン腺と皮脂腺という汗腺があるのですが、この中のアポクリン腺から分泌される汗やタンパク質、脂質などを肌の常在菌が分解する際に発するのがワキガのにおいです。このアポクリン腺が多いほど汗の量も多くワキガの臭いも強くなるようです。

どうしても気になるようであれば、手術をすることも考えられますが、まず生活習慣や食生活に気をつけ適度な運動をして肥満にならないようにすることが大切です。そして、何よりもワキを清潔に保つことを心がけましょう。

ミョウバンは汗を抑えたりにおいを緩和したりする効果があるとされているので、それを水道水で薄めてスプレーしたり、他にも市販の消臭スプレーや制汗剤などでにおいを抑えることができる場合があります。

また、汗をかいた時に手軽にぬぐえるウエットシートなどを合わせて使うことをお勧めします。ワキガが原因で、外出が憂鬱になったり嫌になったりすることがあるので、自分に合った方法でなんらかの対策が取れるとよいと思います。